プロミスの審査基準

プロミスの審査基準については公表されていませんが、申込書などから以下の項目を審査するものと思われます。

個人情報としては、氏名、住所、年齢、性別、年収、家族構成、電話の有無、住居形態などが、勤務先については、会社名、勤務先の住所、会社の規模、雇用形態、勤続年数、業種、健康保険証の種類、仕事内容、などの属性が審査の対象となります。

プロミスでは、属性スコアリングシステムを採用しており、それぞれの項目を点数化し、トータルのスコアで融資の可否を決定します。
属性スコアリングシステムでは、コンピュータが自動で結果を出しますので、短時間で公正な判断ができます。

そして、審査を進めるうえで、属性よりも信用情報を重視します。
プロミスだけに限らず、どの会社でも申込があると、申込者の個人情報を信用情報機関に照会します。
照会する内容は、他社からの借入状況、過去の利用歴、返済状況、返済の延滞や債務整理などの事故の有無などです。
3件以上の業者から借り入れがある方、過去に返済の遅延などのトラブル歴がある方は、審査で否決することがほとんどでしょう。

それから、プロミスは、総量規制の対象となっている業者であるため、すでに他社から年収の3分の1以上の額を借り入れている場合、新たな融資はできません。
この場合、属性や信用情報に問題がなくとも、審査で否決されます。

プロミスの公式サイトでは、「3秒審査」というものを設けています。
他社からの借り入れがあり、プロミスから融資を受けられるかどうか不安である方は、この「3秒審査」で融資可能であるかどうか診断してもらうと良いでしょう。

生年月日、年収、現在の借入金額の3つの項目を入力するだけで、新たに融資が受けられるかどうか、その場でわかります。
ここで、融資可との結果が出たからといって、必ずしも本審査に通過するとは限りませんが、審査に通過するという目途を付けてから申し込みたいという場合には役に立つのではないでしょうか。

プロミスはWEBでの申込が非常に便利です。こちらではプロミスの融資や便利なWEB申込についての情報をご提供しています。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes